SSブログ

redmineを使ってみよう[Vol1.VirtualBox3.2.10にCentOS5.5(x86_64)をインストール] [CentOS]

redmineはプロジェクト管理のためのソフトウェアです。今回は、仮想環境(VirtualBox)にCentOS5.5(64bit)をインストールして、redmineを構築していきたいと思います。あらかじめCentOS5.5(64bit)のisoイメージを用意しておいてください。

1.Virtualboxの作成
 GUIの新規ボタンにより、仮想マシンウィザードで作成していきます。
 名前:cent55x64
 OS:Linux
 バージョン:Red Hat(64 bit)
 メモリ:512MB
 起動ディスク:新規ハードディスクを作成
 可変サイズのストレージ
 サイズ:32GB

 GUIの設定ボタンにより、cent55x64のCDとネットワークの設定を行います。
 左ペインからストレージを選んで、右ペインの空になっているCDにCentOS5.5(64bit)のisoを割り付けます。
 左ペインからネットワークを選んで、右ペインのアダプタ1の割り当てからブリッジ アダプタを選びます。

 これでcent55x64を起動します。

2.CentOS5.5(64bit)のインストール
 CentOS5.5のインストールは以下の設定を選択します。
 言語:Japanese(日本語)
 キーボード:日本語
 ネットワーク:Enable IPv4,Manual configuration
         IP Address 192.168.11.112 Prefix 255.255.255.0
 ホスト名:cent55x64.localdomain
 ゲートウェイ:192.168.11.1
 1番目のDNS:192.168.11.1
 時刻:アジア/東京
     システムクロックでUTCを使用のチェックを外す
 rootのパスワード:お好きなものに。
 ソフトウェアセットアップ:今すぐカスタマイズする
 デスクトップ環境:GNOMEデスクトップ環境
 アプリケーション:エディタ、グラフィカルインターネット
 開発:レガシーなソフトウェアの開発、開発ツール、開発ライブラリ
 サーバー:FTPサーバー、サーバー設定ツール
 ベースシステム:X Window System、システムツール、ベース、管理ツール

 これでインストールを実行します。

3.CentOS5.5(64bit)の初期設定
 インストールが完了し、再起動を行うと、ようこそ画面が表示されます。
 画面に従い、初期設定を進めます。
 ファイアウォール:無効
 SELinux:無効
 Kdump:無効
 日付と時刻:そのまま進む
 ユーザーの作成:ユーザーassimane、パスワードはお好きなものに。
 サウンドカード:そのまま進む
 追加CD:なし

 終了により、初期設定が完了し、再起動後に作成したasiimaneでログインできることを確認します。

今回は、ここまでです。
次回をお楽しみに。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0